ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅( 14 )

皆さんは、寝台列車に乗ったことがありますか?
私は、今年2006年の夏、初めて寝台列車に乗りました。しかも日本ではなく、海外で!
f0099247_1159846.jpg

f0099247_1211422.jpg

11月15日(水)・16日(木)と、名古屋で主催する、「が〜まるちょば」という男性2人のパントマイムユニットのドキュメント取材をするために、彼らが8月の約1ヶ月間公演する、世界最大規模の芸術祭、エジンバラフェスティバル・フリンジを見に行く旅です。彼らは、このフェスティバルで、2年連続受賞という世界が認める実力。海外のお客様の反応を見にいくのも楽しみですが、初めてのイギリス。初めてのスコットランド! 楽しみで仕方がありません。エジンバラフェスティバル・フリンジの詳しいレポートは「ぬちぐすい旅日記」でご紹介しますので、そちらをご覧ください。

予算を切り詰めての出張なので、ロンドンからは寝台列車で移動することとなったのでした。その名も「Scot Rail Caledonian Sleeper」。チケットは、事前に旅行代理店で手配しましたが、改札は現地で行うので、緊張します。チケットは、4回分乗車できるもので(帰りも寝台列車になるので、その方が割安なのです)日付を書き込む欄に、乗車する日付を記入して使います。間違えたら、罰金があるらしいので、否応にも緊張します〜
f0099247_1137363.jpg

まず、ホームで列車のスタッフに、予約した車両番号を確認します。翌日の朝食を「tea or coffee?」と聞かれ、「coffee, please」と。
身体の大きな自分にはちょっとツライ、2等車。(名称はstandardなのよね) でも車両内のトイレは清潔だし、スタッフは、紳士でとても親切だし、飛行機のエコノミーの座席よりもずっと快適です!

f0099247_11441963.jpgおっ…! 部屋の中は予想以上に狭い! 約2畳分といった感じでしょうか。1畳分に2段ベッドがあり、1畳分になんとか荷物を置きます。トランクを開けるにも一苦労。(写真を撮るにも後ろへ下がれないので一苦労!) でも、なんでしょう、このワクワク感。子供の頃、探検とか言って、狭い場所にも平気で潜り込みましたが、そんな気分です。
夜11時53分ロンドン発、朝7時03分エジンバラ着なので、この間に眠って、時差ボケを解消したいところです。でも、初めて見るイギリス。車窓の風景が楽しみで、携帯の目覚ましを朝6時にセットして、就寝。

そして、朝もやのかかるイギリスの風景は、とても幻想的で素晴らしいものでした。やはり、緯度が近いせいか、どこか北海道に似ています。線路のすぐ脇に、放牧場があり、羊や牛の群れが見えました。家も、絵本の中のようで、目にするものすべてが新鮮です。
f0099247_1149546.jpg

あっという間の、列車の旅。エジンバラの駅は、心も身体も洗われるような心地よい冷たさ。37度の名古屋とは違い、初秋の装いでした。さあ、今日から、エジンバラフェスティバル・フリンジだ!…と、体の底から力が湧いた、エジンバラの朝でした。
f0099247_1155954.jpg

朝食は、クロワッサン、マフィン、シリアルにヨーグルトムースのかかったデザート、そしてコーヒー。コーヒーは、紙コップにお湯が入ったものと、スティックのインスタントコーヒーが渡されるのですが、お湯がなみなみと入っており、コーヒーの味がしないほど、アメリカンになってしまいました(笑)
f0099247_11554382.jpg

[PR]
by soho-japan | 2006-09-07 07:19 |
Mont Saint-Michel
f0099247_2116141.jpg
モン・サン=ミシェル (Mont Saint-Michel) はフランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院。
カトリックの巡礼地のひとつであり、「西洋の驚異」と称されています。
f0099247_21224965.jpg


朝、昼、夜と、刻々と色を変え様々な表情を見せる神秘的な島。
その魅力に誘われてか、私は、今回、3度目のモン・サン=ミシェルを訪れることとなりました。
f0099247_21293125.jpg

f0099247_2130447.jpg


ここは 宮崎 駿監督の「天空の城 ラピュタ」のモデルにもなったそうで、それを知るとますます想像力を掻き立てられます。
私自身、子供の頃、はじめて劇場でみた映画が 「天空の城 ラピュタ」でしたので、思い入れも大きいのかもしれません。

f0099247_21163532.jpgそうそう、フランスでは、先月末より 「風の谷のナウシカ」が、劇場で初上映され、色々な場所でポスターを見かけました。
フランスでの題名は「Nausicaa¨ de la Valle´e du Vent」(風の谷のナウシカ)。
それにしても、20年以上前の作品が、今尚大人気で、常に新鮮で、初上映される国もあったりと、本当に素晴らしい作品・偉大な監督ですね。

しかし、残念なことに、ますます宮崎 駿監督の映画=メッセージが、発信され続けなければならない世の中になっていますね。
今回のフランスでの上映のように、世界中の人々の心にこういったメッセージが届いてほしいですね。
[PR]
by soho-japan | 2006-09-04 21:39 |

郷愁一直線

もうすぐ9月ですよ。もうおしまいですよ、夏…。
暑い暑いこんなに暑くちゃ死んでしまうと思ってたのに、
な~んか涼しいもんね、ここんとこ。

今年の夏はどうでしたか皆さん。いいことあった?
海行った? バーベキューやった? 花火見た? 恋はした?

この、「ああまた夏が行ってしまう」という感じ、
何かしらこう胸がキューンとするこの感じ、
さみしいんだけど悪くねえんだよなー。
郷愁、みたいなもんでしょうか。
過ぎていったこと、過ぎていくことをいつくしむような気持ち。

いっさいは過ぎていくもんです。季節も、
さらさら流れる小川の水も、風も、雲も。あと心とか、命とか。

そんな、「過ぎていくものたちをいつくしむ」気持ちというのは、
「いま生きている」ということを、
「とりたてて特別なことでもないけど、でもまあ、悪くもねえわな」
と、思わせてくれるんだわさ。
f0099247_1921754.jpg

「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」
井伏鱒二。

(部長)
[PR]
by soho-japan | 2006-08-29 19:34 |
ワシらみ~んな沖縄が大好き。
f0099247_21403269.jpg

花と太陽。
f0099247_21415210.jpg

看板もなんかかっこええ。
f0099247_2143368.jpg

空と看板。
f0099247_21442883.jpg

看板と空。
f0099247_21444473.jpg

このタイルもいい色してるでしょ。
f0099247_21471698.jpg

こんなのもあったよ。
f0099247_21481527.jpg

夜です。
f0099247_2149983.jpg

ハイウェイのお月様。

おしまい。

(部長)
[PR]
by soho-japan | 2006-05-26 21:57 |