人気ブログランキング |

ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

横浜のBankART1929に、イマジネーションをくすぐられる

f0099247_1461322.jpg

 先日、横浜の馬車道にあるBankART1929を訪ねた。
BankART(バンカート)とは、銀行だった、ふたつの建物を芸術文化に利用するという意味を込めた造語だとか。
10/20から岐阜で日比野克彦の個展が開かれる。それに連動して、ビジネスパートナーの古田菜穂子が提唱したHIBINO DNA ANDという周辺プロジェクトが、岐阜でにわかに活気づく。私は、古田が強く望む歴史建造物を活用した、アートと地域活性の創造に大変共感している。岐阜にも歴史的建造物が、眠ったままいくつかある。それを活用しようという彼女の試みは、大変興味深いものだからだ。そこで日比野さんから銀行の跡地を利用した横浜BankArtの存在を教えてもらい、今回の視察となった。f0099247_14505941.jpg銀行をギャラリーにする場合、変に作品展示のためにパネルや展示台を入れがちだが、Bank Artは高い天井をそのまま活かし、空間を見事に活用していた。この思い切って、何も入れないという姿勢が大切なのだと、強く感じた。8月31日(木)まで ホールではBankART1929 Bamboo Bank 緑陰銀行 松本秋則展が開催されている。松本秋則は竹の音を奏でる作家だ。彼の織りなす世界が、この空間で見事に再現されていて、しばし私は時間を忘れてしまった。あちらこちらから漏れ聞こえる笹が風にざわめく音。ここは本当に都市の一角なのかと、疑いたくなる、ゆるやかに流れる時間。必見の展覧会です。是非ご覧になって下さい。(大城)

f0099247_14514266.jpg
by soho-japan | 2006-07-14 14:39 | アート