ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
昨日、東京は練馬にある「ケララバワン」という南インド料理の店に行って参りました。

今手掛けている仕事で、インド料理とマッサージの新規オープン店のプロモーションを準備しているのですが(これの話は、またいずれオープンの時に…)その中で、スパイスを使って食から体の調整をするインド料理に、とっても興味を持ち、インドカレーを食べに行く機会も増えました。
ところが、「インド料理=ナンとカレー、タンドリーチキン、サモサ」程度の知識と、なかなかそれ以外のインド料理に巡り会えないでいた私にとって、頼りになる存在が…。

が〜まるちょばの、初めての名古屋公演の際にも、とってもお世話になった新井由己(あらいよしみ)さん。(この記事を以前の名古屋公演サイトにリンクしてご紹介させていただきました)
新井さんは、実は、が〜まるちょばを知る以前に、おでん好きの私がネットでいろいろ調べていて、ココを見つけ、本を購入し存じておりました。
その新井さんに、図々しくも、今度東京に行くので、どこかオススメのインド料理屋さんを教えて頂きたいとお願いしてみました。そこで、何店かご紹介いただいたうちの1軒が、冒頭にご紹介しました「ケララバワン」でした。

8/23(日)は、たまたま5周年記念で、お客様に料理を無料でふるまわれるとのことで、常連でもないし、地方の人間が一見的に出かけてもいいのか…と迷いつつも、予約の電話を入れたら、「お一人だったら何とかします!」と快く受けて頂き、行ってみることに。

さて、出てきたお料理は、以下のようなものでした。
f0099247_18331596.jpg
これは、南インド料理の「ミールス」と呼ばれる定食だそうで、本場ではバナナの葉をお皿代わりに使うそうですが、今回は、緑の紙が置いてありました。
提供される内容は決まっているので、着席すると、すぐにお店の方が料理をサーブしてくださいました。
「初めてなので、教えて下さい」と、常連ではないことをカミングアウトし、説明して頂いたのですが、ちょっと思い出せないものも(泣)

左上の白いものは塩、その上はレモン風味のアチャールと呼ばれるピクルス、その横の茶色いものは、チャツネでしょうか(思い出せない…)、豆を煮たもの、タピオカ芋、鮮やかなピンクはビーツ、フライドポテトみたいに見えるのは、ドライパイナップルだとか。そんなに甘くはなかったです。白くて丸いものは、パパド と言われるもので、うす〜いクラッカーというかおせんべいというか、ぱりぱりの食感で、これがまた練り込まれているスパイスが効いていて美味しいんです。(お酒のつまみにも合いそう〜)

そして、インドの炊き込みご飯ビリヤニ。お米にスパイスやいろんな旨味がしみ込んでいるという意味では、パエリアにも通じるものがあります。そこに、豆やお芋などのカレーをかけていただき、あとはマンゴーラッシーが付いてきました。
見た目にとっても賑やかで楽しく、いろんな味、いろんな食材が使われていて、それぞれ味見で単品で食べたり、ビリヤニやパパドを砕いて混ぜて食べたり…
初めてのミールスに、私は、かなりの感銘を受けました。

日本料理も、懐石で、多彩多様な食材、味付け、盛りつけで楽しませますが、ミールスのように、それらを混ぜて、食感や味の変化を楽しみながら食べるといった習慣はありません。むしろ、料理人が完成度を高めて作ったそのままで味わえ、という凛とした空気があります。

この大らかで楽しいミールスに、すっかり魅せられました。

家庭の食卓にも応用させたいなと思うことがいろいろあり、これからの食生活が豊かになりそうな予感です。(体型はこれ以上豊かになりたくない夫婦なんですが…)
[PR]
# by soho-japan | 2009-08-24 18:33 | 気になるモノ

チョ ウンマッ!

ビールのつまみにしようと、立ち寄ったコンビニで物色中、唐辛子のイラストが描かれたスナックを発見!辛い物好きの私は、中身もよくわからずに「今夜はコレだ!」と即買い。
家に帰って、早速このスナックを食べてみようと手にし、冷静にパッケージを見てみると、それは「チョ ウンマッ」という、韓国語をシャレにした、脱力系のネーミング。
f0099247_11142999.jpg
袋の中身は、巨大唐辛子そのものを揚げた?あるいはフリーズドライ?したような食感。ピーナッツ、ごまも入って、このサクサク感と辛ウマ感はクセになりそうです。残念ながら、スナックそのものを撮影していないのでお見せできないのですが、なんと! 公式サイトが存在しているので、こちらを参照して下さい。
チョ ウンマッ

けれども、私があえて、このスナックをネタにしようと思ったのは、パッケージの裏面があまりに面白かったからだ。
説明を読んで行くと、以下のようにあった。

新しくなったチョ ウンマッは、サクサク感がグーンとアップ♪ 
心地よい歯ごたえに思わず「超ョ〜ウンマシッソョ!!」
(マシッソヨは、韓国語で"美味しい")
もちろん、ビールやサワーなど、お酒との相性は
バツグンですミダ。

f0099247_1131318.jpg

「バツグンですミダぁ〜!?」

もう、全身グッタリ… 

これを正式なパッケージに起用した社長に、拍手! 
好きだなあ〜、こういうの(笑)
[PR]
# by soho-japan | 2009-06-03 11:14 | 気になるモノ
が〜まるちょば JAPAN TOUR 2009 Grorious Return 名古屋公演にご来場いただき、誠にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

さて、ソーホー・ジャパンが、地味〜にひっそりと開催した「武藤のヘアスタイル2009」ですが、ご応募の皆様、本当にありがとうございました! 応募総数10通の中から、武藤が厳選し、選ばれたのは愛知県にお住まいの女性からのアイデア!  おめでとうございます!

以下、名古屋公演前日、4月16日に行われた断髪式の模様をリポートします!
f0099247_21554584.gif
▲とりあえず、モヒカンベースってことは決まってますので、普段、短髪の武藤も、ここ3ヶ月間は頑張って伸ばしました。耳に髪が触れると、もう耐えられないそうですから、かなりガマンしたことと思います。
この状態で後頭部と横を撮影し、まず、パソコンで念入りにシミュレーションしました。今回のヘアスタイルは、かなり難しいので、カンだけではとても無理そうです。

▼夜20時30分。仕事を終え、明日の公演準備も整え、あとは、武藤のヘアカットのみです!カット担当の尾崎は、すっかり浮かれ気分です。
f0099247_2156294.jpg
f0099247_21561310.jpg
▲そうです! 2009年のヘアスタイルは、後頭部に髪の毛でサングラスを残し、前から見ても、後ろから見てもが〜まるちょば! という、本職の美容師が頼まれても動揺しそうな難易度! サングラスのディティールにこだわりたいので、ちゃんと紙で型紙を作ったのでした。
f0099247_21585061.jpg
f0099247_21562240.jpg
▲最初は、バリカンだけで刈ろうと思いましたが、細かい部分を考えると、ハサミが必須に思われましたが、散髪用のハサミなんて当然持ってません。ゆえに、デザイン・工作用のハサミを使うことにしました。
f0099247_21564139.jpg
f0099247_2159396.jpg
▲このように、命がけでカットに取り組む尾崎をよそに、武藤はときどき、カクンッと船を漕ぎます!(居眠り)けしからんヤツですっ!どうするの、サングラスが違うモンになっちゃったら…。もう。
f0099247_21595543.jpg
f0099247_220436.jpg

▼この時点では、見た目の印象がモヤモヤ〜っとしてて、サングラスというよりブラジャー…??? このままでは、失敗に終わってしまう!! 武藤の運命や、いかに!
f0099247_2201634.jpg

しかし、サングラス&モヒカン以外の部分を、短く刈ることで、浮き上がってきました。尾崎も段々調子に乗ってきて、気分が高揚、ノリノリになってきました。
「アタシ、デザイナー廃業しても、モヒカンヘアカットで生きていけるかも?」
「神が私の右腕に降臨したわ!」
↑本職の方に失礼極まりない発言です。申し訳ございません…
f0099247_2202580.jpg
f0099247_2203846.jpg
▲完成!!素晴らしい!自画自賛!これで、私の仕事は終わった!(本番は明日からですよっ!)どこから見ても、モヒカンにサングラスです。
…しかし、ここまで来て非常に不安が。果たして、こんなイケてるヘアスタイルにしてしまい(←モノスゴイ自意識過剰)が〜まるちょばより目立つようなことになってしまったら… 怒られるか、スルーされるか、どっちか…?それはツライ…
f0099247_2205194.jpg
しかし、我々の心配など全く無駄に終わりました。受付という隅っこに座った武藤は、ほとんど目立つこともなく、お客様の対応はもちろん対面ですから、後頭部をお見せするチャンスがほとんどなく、モヒカンには気づかれても、サングラスには気づかれずに終わってしまったかもしれません。(ちょっぴり寂しい…?)
ところが、とっても心のひろ〜い、が〜まるちょば&スタッフの皆さん。ちょばろぐにまで紹介して下さり、武藤も感激です。だって、そもそも、が〜まるちょばの公演の際に、モヒカンにし始めたのは、名古屋で公演をしてくださる、が〜まるちょば&スタッフの皆さんへの感謝の思いだったのですから。

ちょばろぐ 2009.4.17 「受付」

そして、2006年の名古屋初舞台公演から、ずっと が〜まるちょばを応援してくださっている、FM Radio-iのナビゲーターとしてもお馴染み、クリス・グレンさんのブログにも登場! ありがとうございます〜
ラジオDJ クリス・グレンBLOG「どーも!どーも!!どーも!!!」

▼本当はが〜まるちょばとのスリーショットを載せたいところですが、オフィスの許可が必要なので、名古屋の大道芸好き名物オヤジ、が〜まるちょばの名古屋での公演をお手伝いしてくださっている、田邊さんとのツーショット。2009年5月22日、大須演芸場で、ダメじゃん小出さんという、素晴らしいスタンダップコメディアンのソロ公演を主催されます。(宣伝)
f0099247_221276.jpg

オフィスの社長にも、が〜まるちょばにも褒めて頂き、ずっとそのままのヘアスタイルでいてくださいね、と言って頂き、さらに、ウチの社長にも「そのままでいればいいのに」と許可をいただいたにも関わらず、名古屋公演翌日、剃っちゃったんですよ、モヒカンとサングラス。私の芸術なのに…
花の命は短きものよのう… わずか3日間の命でした。
f0099247_2211172.gif


最後にクイズです。武藤のヘアスタイルのサングラスは、ケッチ!をモデルにしたのでしょうか、それとも、HIRO-PONをモデルにしたのでしょうか? ぜひ、あなたの答えをコメントして下さい!
[PR]
# by soho-japan | 2009-04-22 21:57 | が〜まるちょば
2006年、が〜まるちょばの初名古屋舞台公演の時に、彼らに敬意を表し、モヒカンヘアーとなって裏方を支えた、武藤くん。ご来場のお客様に、「あの人、モヒカンにまでして、よっぽど が〜まるちょばが好きなんだねえ…」と言われたものです。
彼は、とても恥ずかしがり屋で遠慮がちなところがあるので、まさか、宣言通りモヒカンにするとは… 仲間の私たちも、驚かされたものです。
しかしながら、やはり、その「恥ずかしがり屋で遠慮がち」が災いしたのか、緑色に髪を染めようとしたものの、ブリーチ(脱色)せずにカラーを入れたため、ご覧のような有様に…
f0099247_17595428.jpg
髪を立てればもう少しモヒカンに見えたと思うんですが、が〜まるちょばより目立つようなことがあってはならない、という礼儀正しさが災いし、まるで芝生を乗っけたようなモヒカンになってしまったのです。
ここまでしたにも関わらず、毎日彼は、そのヘアスタイルを隠すように、室内でも帽子をかぶって過ごしておりました。
しかし、実際は味をしめたのか(?)、2006年の公演が終了したかと思ったら、「次回のヘアスタイルのアイデア、思いつきました」と意気揚々。

そして、2007年。誰にも言わずに、彼は、そのヘアスタイルを敢行し、公演当日ガックリ肩を落として、会場にやってまいりました。

「自分、失敗しました…」

が〜まるちょば=GAMARJOBAT の「G」を象ったヘアスタイルにしたそうなんですが、彼の髪質(ややくせ毛)では、シャキッとクリアーな「G」にはならず、また「G」以外をツルツルに剃れば、まだ「G」は浮かび上がったでしょうが、「恥ずかしがり屋で遠慮がち」が災いし、中途半端な剃り具合がご覧のような結果を招きました
f0099247_18214693.jpg
「ありがとうございました、って頭を下げた時に、さりげなく気づいてもらえるようにしたかったんですよ…」
さりげなくどころか、誰にも気づいてもらえず、散々な2007年でした。

そして、2008年。

尾崎のアイデアにより、が〜まるちょばの公演を一緒に主催する東海テレビ(1チャンネル)に、親愛の情をさりげなくアピール、東海テレビのキャラクター「わんだほ」を象ったモヒカンに。
過去2年間、美容院でカットしましたが、尾崎が責任もって、バリカンでデザインしました。素晴らしい!いい腕だ!デザイナーを廃業しても美容師でやれる!(ただし、武藤くんのバリカン専門)…と自負する出来栄え。
f0099247_18291025.jpg
さて、名古屋で4回目の名古屋公演を迎える、が〜まるちょば。
本筋とは全く関係のないことですが、今年の武藤くんのヘアスタイルを、公募することにしました。あなたのユニークなアイデアのご応募を、武藤が髪を伸ばしてお待ちしております! (ヘアカット担当は、昨年に引き続き、シロウトの尾崎)

採用された方には、ぬちぐすいワンズから素敵なプレゼントをご用意しま〜す! 採用されたヘアスタイルの発表は、が〜まるちょば公演会場にて、武藤を探して下さい。(採用された方にはご連絡します)

★武藤のヘアスタイル 募集!★

▼応募先はこちら!
info@nuchigusui-ones.com

「武藤くんのヘアスタイル2009」というメールタイトルで、ふるってご応募願います!
お一人様、何案でも結構です。
モヒカンを何となくベースにした感じでお願いします。
バリカンでカット可能な程度にしてください(泣)
ご応募のメールには、ご氏名、ご住所、連絡先電話番号、eメールアドレス を必ずお書き下さい。
絵で説明される場合は、jpg画像で添付か、fax052-249-8077へ。
締切:2009年4月16日(木)朝10:00まで

※なお、この企画は、が〜まるちょば および が〜まるちょばの所属オフィスとは全く関係ございません。主役はが〜まるちょばですし、静か〜に、おとなし〜く、さりげな〜く、遠慮がち〜に実施しますのであしからず。
[PR]
# by soho-japan | 2009-04-09 17:59 | が〜まるちょば
先日、愛知県知多郡東浦町「相生の丘」にある体操教室「太陽のまなびや」へ行き、トランポリン体験をしてきました。トランポリン初体験者から、何十年ぶりの者まで、ドキドキ体験です。

▼こちらは、中京大卒、体操王子の川元先生の華麗な宙返り。(現在40歳でいらっしゃいます)
ここまで行きつくには、何年頑張れば…

f0099247_2038483.gif



▼こちらは、我らがスタッフ、武藤くんのジャンプ。一番カッコいいのを選んだんですけど…

f0099247_20485124.gif


「バック宙できるようになりたいです!」…武藤くんの挑戦は続く。
[PR]
# by soho-japan | 2009-03-27 20:36 | 気になるコト
パントマイミストの山本光洋(こうよう)さん、51歳。(まもなく52歳)
すらりとスリムなボディと、つぶらな瞳。甘く柔らかい悩殺ボイス。(←パントマイムに関係ないけど)  失敗しそうな瞬間の「ああぁっ…!」という表現は、世界一。(だと私は思っている)
かれこれ27年間パントマイムをやられている光洋さんが、このたび、名古屋で初めてのソロライブをやることになった。
毎年ソロライブをやっていらっしゃるものの、ほとんど東京の小劇場で、光洋さんの存在を知るのは、それこそ、大道芸を良く見る人ぐらいなものだろうと思う。
だけど、 イイんです。光洋さんの舞台が!
f0099247_14393034.jpg
f0099247_1440582.jpg

なんだろう。とっても、人間くさいというか、日常的でありつつも、 「あっ、ここで笑っちゃダメよ!あの人すっごい真剣なんだから!」という、笑ってはいけない、禁断のシーンを演じるので、見ているこっちも、思いっきり笑っちゃダメのような… 押し殺して笑っちゃう感じ。
よくもまあ、こんなこと舞台で演ろうと思ったよね… という脱力系の笑いあり、かと思うと、ホロリとさせられる哀愁あり。パントマイムそのものに関心させられる作品あり。
多彩で多様で、余韻がいつまでも続き、後を引くパフォーマンスなのです。

これを説明するのはホントに難しい。

先日出演したラジオ番組では、ZIP-FMのナビゲーターの女性を、パフォーマンスでも、その人間性でも虜にした模様。光洋さんの動きが、伝染してたもの(笑)
f0099247_14394534.jpg
f0099247_14395653.jpg

見た人は、絶対、光洋さんに魅了されちゃいますよ〜!

あ、NHKサラリーマンNEOの、セクスィー部長をやらせてみたい!…と思ったりしてるのは、私だけでしょうか?

★山本光洋パントマイムソロライブ 名古屋公演★
日 時:2009年3月1日(日)14:30開演(14:00開場)
会 場:テレピアホール
料 金:3,500円(全席指定・税込)
【チケットはこちら】
ぬちぐすいワンズオンライン 
東海テレビ オンライン 
■東海テレビ 文化事業部 TEL.052-954-1161
  (平日10時から18時)
■ソーホー・ジャパン TEL.052-243-1030
  (平日10時から18時)
チケットぴあ TEL.0570-02-9999(Pコード391-078)

詳細は 名古屋公演公式サイト で。
[PR]
# by soho-japan | 2009-01-20 20:16 | パントマイム

カワイイ訪問者。

今日、遅ればせながら、オフィスのベランダに放置されていた朝顔のタネを収穫し、植木鉢を掃除しました。そしたら、カワイイ訪問者が!
害虫を食べてくれるので、家を守ると言われる「ヤモリ=守宮」(もしくは「家守」)です。
沖縄では、淡い黄緑のヤモリが「キュッキュッキュッ」という鳴き声をたてながら、宿の壁を徘徊しているのが、よく見られますが、とても愛らしいです。爬虫類系が苦手な方もいらっしゃることと思いますが、無害ですし、そっとしておいてあげてくださいネ。
f0099247_19142451.jpg

f0099247_19143715.jpgそんなカワイイ訪問者の写真。…あれっ? 尻尾が切れてる!
「尻尾ってこんなんだっけ?」
「さっき発見した時、尻尾を掴んだら切って逃げたんですよ」
「えっ?」
「だって、トカゲですよ、尻尾切ってナンボのもんでしょ」
そういって不敵にニヤリと微笑んだ、デビル武藤… ふだんはあんなに優しいのに…
[PR]
# by soho-japan | 2008-11-13 18:58 | about us!
去る10月26日(土)、名古屋市の中日ビル1Fユーハイム内にある、中部電力「ザ・プロフェッショナル キッチン スタジオ」なる会場で、お料理教室に参加してきました!自称:料理が上手い(笑)私ですが、お料理教室と名のつくものに参加するのは初めて!
今回のお料理教室は、NPO法人エコデザイン市民社会フォーラムが主催する「green project」の中の「green market」のプログラムで、『1.食の「楽しさ」に触れてもらい、2.食を通していろいろな角度からの情報を知ってもらい、3.本質的なものを選択するライフスタイルへ…この3ステップを通して都心と地方が共に支えあい、生産者と消費者を結び、最初の一歩への動機付け、もしくは次のステップへの足がかりを作ろうとするものです。』とのこと。(公式サイトより)
「旬のお野菜できれいに!!~かんたん・美味しいレシピ~」という、フードコーディネーターの谷口千尋さんという方の講座でした。

キッチンスタジオは、オール電化で、プロも使用しているという立派なもの。地震が起こった時、最初に復旧するのは電気なので、興味あるんですよね〜

会場はこんな感じで、キッチンの手前にテーブルが並んでいて、参加するより、見る感じでしたでしょうか。
f0099247_217293.jpg


旬の野菜を使ったスチーム料理(オリジナルディップが3種!)と、リンゴのシフォンケーキでした。私はリンゴのシフォンケーキで、卵白泡立て役でキッチンに乱入(笑)
楽しかったですね〜 
f0099247_2175096.jpg

f0099247_218826.jpg

f0099247_2182532.jpg


谷口さんは、薬膳料理も教えていらっしゃるようなので、今度はそちらに参加したい!
[PR]
# by soho-japan | 2008-10-29 21:16 | 体にいい系

フラッグアート展2008

今年で、全国公募展となって12回目のフラッグアート展です。

1996年に、岐阜の中心商店街に完成した、高さ6メートル、全長2kmのアーケード完成記念イベントの一環で始まった「フラッグアート」。岐阜市出身の世界的アーティスト・日比野克彦さんが審査委員長を務めています。

フラッグの布の大きさは、幅1.8メートル、長さ3メートルという巨大なサイズ。数字で聞いただけでは、なかなか想像し難いですが、布団のシーツが3枚分ほどの大きさ。一人暮らしの方のお宅では、とても広げられるものではありません。

そんなビッグな作品が68点も並ぶのです。すべて、違う作者が、それぞれの思いを作品に詰め込んで。

フラッグの制作期間は、7月末〜9月頭。この年の夏は、フラッグの制作だけで終わってしまった方も、たくさんいることでしょう。ここまで体力を使う作品作りもないのではないかと思われます。

10/4(土)、地元のお祭り、信長祭りの日に合わせて開催となる公開審査。全国から制作者が集まり、自分の作品の下で、審査員から直接講評を受けられる、アート展では非常にまれな、名物的審査方法です。

今年の最優秀・日比野克彦賞は、ニューヨークの専門学校に通っているという、三木よしこさん。昨年出品し、受賞は逃しました。その悔しさと、審査員から受けた講評をバネに1年頑張り、今年、見事最優秀賞の受賞となりました。

f0099247_10531891.jpg


壇上で涙する、受賞者の方々を拝見し、もらい泣きしたりして。商店街の皆さんにも今年も良かったですね、などと声をかけていただき、裏方は、ああ、今年も頑張った甲斐あったなあ…と、苦労がむくわれるのでした。

10月末日まで展示してあります。ぜひ、岐阜の街歩きを楽しんで下さい。

フラッグアート展2008 in GIFU
[PR]
# by soho-japan | 2008-10-07 11:07 | アート

シナモンの香り

いま、会社に「CELESTIAL」という名のteaがあります。
これが砂糖なんて入れなくても程よい甘さで美味しいのです。
f0099247_164015100.jpg

美味しいこのteaですが、毎日は飲めません。
なぜなら、このteaの味は“シナモンapple”だから…

そう、あれは高校2年生のときでした…
その日、私は人生で何度目かの失恋をしました。淡く儚い恋に敗れ、意気消沈する私を励ますように友人たちがお茶に誘ってくれました。
当時、高校生だった私たちにとっては背伸びするようなカフェに連れて行ってくれたのです。
そこで、私は“シナモンtea”を注文しました。
みたことのない、すまし顔のtea cupに入れられたその“シナモンtea”から香る心地いいシナモンの香りは傷ついた私の心をあたためてくれたのでした。

もちろん、シナモンなんてみたこともない私が“tea cup"に添えられたスティック状のシナモンをチョコレートと勘違いしてかじりついたのは言うまでもありません…。
f0099247_16493464.jpg

というわけで、シナモンの香りは、私の淡い思い出を呼び覚ましてくれるのです。
毎日毎日、淡い気持ちで過ごしていられるほど世間は私に甘くないので控えめに飲んでいるというわけでございます。
因みにこのtea。
成分表示をよくみると…
f0099247_16522690.gif

カロリー、糖分0(ゼロ)のお太っちょさんに優しい飲み物なのです。
皆さんも是非お試し下さい。
[PR]
# by soho-japan | 2008-06-19 16:59 | 気になるモノ