ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山本光洋(やまもとこうよう)さん。

御歳 53歳(去年が確か52歳だったので)のパントマイミスト。
名古屋では、というより、地方では、なかなか彼の舞台公演を見る機会がない。
その前に、山本光洋さんの存在を知る人は、大道芸を見に行くのが好きな人、に限られると思う。

日本人の情報収集源は、インターネットが普及したとはいえ、ネットは「欲しい情報」がまずあって、その目的を成す。「こんな人がいるんだ」「面白そう、見てみたいな」というキッカケは、テレビのほうが、まだまだ影響力が強い。

光洋さんは、昨年の7月、長寿番組の「笑点」に、代表作の「あやつり人形・チャーリー山本」で出演したが、多くの芸人がそうであるように、それは、光洋さんの魅力のほんの一部にすぎない。
f0099247_17515399.jpg

光洋さんほど、多様で多彩な作品を持っているパントマイミストは、他にいないのではないか? 

なぜなら、彼は、この10年来、毎年かかさず新作公演を行い、常に作品を創り続けているからだ。
何かを生み出すことを生業としているものにとって、彼は、尊敬すべき偉大な人物だ。


このように彼を語ると、まるで、ストイックで職人的な重々しさを感じるかもしれないが、作品の中で描かれる人物は、極めて平凡で普通、チョットかっこ悪くて、情けない部分が強調されたり、ほんの小さな幸せ、身近な喜びが描かれ、見ている側としては、心にキュンとくる、何とも "いい感じ" なのだ。

かと思うと、他の人とは、肉体の構造が違うのではないかと思うような動きや(ズバリ、気持ち悪い:笑)、身体表現だけで感情が伝わってくる、うっとりするほどの動き。
そのルーツは、現在放送中の「龍馬伝」(NHK:福山雅治主演)に登場した吉田東洋演じる、舞踏家・田中泯(たなかみん)氏に師事していたことにあるようだ。

▼詳しく知りたい方は、以下をご参照ください。
「山本光洋の笑うカラダ 〜田中泯のワークショップ〜」

可笑しさを通り越した、シュールさ。

それがクセになるのだ。


光洋さんの舞台を経験していない人に、その魅力を説明するのは難しい。おそらく、見る人によって、光洋さんのどこに魅力を感じるかが、違うだろうからだ。
かくいう私も、いろいろ作品を見ているが、中にはツボにハマらないものもある。一方、恐ろしいほどツボに入り、何度も思い出してはニヤリとしてしまうほどの中毒症状が出るほどのものもある。
次は、一体何をやってのけるのか、このヒトは。目が離せないのだ。

光洋さんは、良く口にする。
「いい大人が、くだらねえことやってるな〜って思うんですよ」
そうです。そんなくだらないことが描かれる作品が、素敵なんですっ!

そして、そんな光洋さんの存在そのものが、ものすごく魅力的な人物であることに、彼は気づいていない。(たぶん)
f0099247_1752425.jpg

そんな愛しき光洋さんの舞台公演を、ぜひ、見て下さい。
翌日目覚めたら、きっとハッピー。

▼公演を前に、語って頂きました!(音声ファイル)
ラジオぬちかたいん 38 山本光洋

▼光洋さんを知りたくなってしまったアナタ。めちゃくちゃ面白いですよ、光洋さんのロングインタビュー。お時間のある時に、ぜひ読んで下さい!
「山本光洋の笑うカラダ」


………………………………………………………………………
KOYOより

名古屋のみなさん、今年もソロ公演をやりますよ。
あやつり人形のチャーリー山本をはじめ、新作の数々を引っさげて
今年もテレピアホールを
笑いと感動の渦に巻き込みたいと企んでいます。
笑うカラダ、哀しいカラダ…
いろいろ取りそろえてご来場お待ちしております。

………………………………………………………………………

★山本光洋パントマイム ソロライブ in NAGOYA★
期日:2010年5月22日(土)17:00〜
会場:テレピアホール 名古屋市東区東桜1−14−25
料金:3,500円
※未就学のお子様は、ご入場できません。

★公演の詳細はこちら → 山本光洋 名古屋公演公式サイト
映像でのあいさつはこちら(この光洋さんはレアです〜)

★前売チケット発売中
【オンライン購入】

ぬちぐすいワンズオンラインストア
東海テレビオンラインチケット
チケットぴあ

【電話での購入】
東海テレビ 事業部:TEL 052-954-1161(平日10〜18時)
ソーホー・ジャパン:TEL 052-243-1030(平日10〜19時)
チケットぴあ:(Pコード 402-334) TEL 0570-02-9999
[PR]
by soho-japan | 2010-05-14 17:22 | パントマイム
が〜まるちょば JAPAN TOUR 2010  愛知・岐阜・三重公演にご来場いただき、誠にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

さて、ソーホー・ジャパンが、地味〜にひっそりと開催した「武藤のヘアスタイル2010」ですが、今年は残念ながら応募がありませんでした…

これは、武藤自身の人気のなさなのか(人気がどうとかって、何様だ!…って感じですよね:笑)、昨年の後頭部サングラスがすごすぎて、それを上回るアイデアが生まれなかったのか、ただでさえ、「自分、もう今年で卒業したいです…」とモチベーションの下がっていた武藤は、さらに、モチベーション低下…

仕方ないので、社内スタッフで武藤の髪型会議です。

「どうする? 卒業だから"卒"とかどう?」
「素人美容師の技術でできる範囲にしてください…」

「じゃあ、ピリオドで点1個とか? 簡単にできる!」
「それじゃあ、が〜まるちょばが終わっちゃう感じじゃん」

「まず、丸いハゲ模様1個作って、公演期間中、1個ずつ増えてくってのは?」
「ストレスでホントにハゲてるって思われてもねえ…(会社のイメージが…)」

他にも、3年前失敗した「G」のリベンジとか、いろいろアイデアは出たんですが、いかんせん、昨年のサングラスがスゴすぎて、なかなか決められません。

「じゃあさあ、どうせ卒業するなら、もう、が〜まるちょばと関係ないヘアスタイルでもいいじゃん! 武藤くん花粉症だから、前もマスク、後ろもマスクで、マスク型にカットしようよ!」

…そんな上司の投げやりな提案で、マスク型に髪の毛を残すことに。

以下、三重公演前日、5月6日(木)に行われた断髪式の模様をリポートします!

f0099247_20482174.gif
今年は部長もカットに参加!
バリカンでカットしながら、剃っていく快感に目覚めたようです。
f0099247_20561289.jpg

マスクはなんといっても、耳にかけるゴムの部分が、最も重要かつ難関です。慎重に剃り進めて行き、右側は尾崎が美しくカット!
f0099247_21164813.jpg

「左は部長に任せた」
その安易なひとことが、悲劇に…。

「あーっ!!!!!! もう〜 部長ー!!!」
なんと部長は、左の下側にあたるゴムの部分の髪を、あやまってキレイに剃ってしまいました…

尾崎がカットを代わり、なんとかうっすらゴムらしきラインが見えるように調整しましたが、最後は、6Bの鉛筆で、地肌に色を塗ってカバーすることに…
f0099247_21171079.jpg
f0099247_2116597.gif

こうして、2010年の断髪式が完了。が〜まるちょばと何の関係もないヘアスタイルにしてしまったことに、剃り終わってから、後悔し始める尾崎…

「これじゃあ、今年のちょばろぐには出してもらえないよね…」

いよいよ、髪型をが〜まるちょばに披露する当日。
ケッチ!とHIRO-PONを迎え、かぶっていた帽子をとり、

「今年は… が〜…ますくちょば!」

が〜まるちょばの二人に、かなりウケてもらえたものの、案の定、ちょばろぐへの登場ならず。
f0099247_21172126.jpg

ところが、武藤のモチベーションアップの、良い出来事もあったのです!

まず、が〜まるちょばオフィスの社長が、武藤が今年で、が〜まるちょば公演時の特別ヘアを卒業したいと言ったところ、

「なに!? そんなことでどうする! 辞めちゃうんなら、来年から名古屋に来ない、ぐらいのこと言っちゃっていい?」

との、温かい(?)オコトバ!

それはいけません!多くのファンの皆様に申し訳ない!
…と同時に、毎年、怒られやしないかとヒヤヒヤしながら、ヘアカットしておりましたが、結構楽しみにしてもらえたのかしら、と安堵(笑)

また、実は、来場者のお客様が、結構武藤のヘアスタイルをチェックしてくださっている様子。中には、声をかけてくださったり、一緒に記念撮影までしてくださるお客様が!!!
f0099247_21265624.jpg
※掲載許可をいただかなかったので、モザイクで申し訳ございません。「これ、私です!顔出しOK」という場合は、ぜひ info@soho-japan.co.jp までご連絡を!

「良かったねえ… 毎年頑張ってる甲斐あったじゃん」
「ぬちぐすいレターの読者の人かなあ」

もう、一気に武藤のモチベーションア〜ップ!!!!

「自分、意外と人気者ですね!」

…調子に乗んな(怒)

どうやら、来年以降も頑張る気持ちになったようです。会場で、武藤をチラチラ見て下さったり、声をかけて下さったり、はたまた、写真まで撮って下さった皆様、本当にありがとうございます!
来年は、今からアイデア練って、後頭部サングラスを超えるデザインを披露できるよう、頑張ります!

…あっ、もちろん、が〜まるちょばの公演、頑張ります(笑)
[PR]
by soho-japan | 2010-05-13 19:28 | が〜まるちょば