ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:気になるモノ( 23 )

昨日、東京は練馬にある「ケララバワン」という南インド料理の店に行って参りました。

今手掛けている仕事で、インド料理とマッサージの新規オープン店のプロモーションを準備しているのですが(これの話は、またいずれオープンの時に…)その中で、スパイスを使って食から体の調整をするインド料理に、とっても興味を持ち、インドカレーを食べに行く機会も増えました。
ところが、「インド料理=ナンとカレー、タンドリーチキン、サモサ」程度の知識と、なかなかそれ以外のインド料理に巡り会えないでいた私にとって、頼りになる存在が…。

が〜まるちょばの、初めての名古屋公演の際にも、とってもお世話になった新井由己(あらいよしみ)さん。(この記事を以前の名古屋公演サイトにリンクしてご紹介させていただきました)
新井さんは、実は、が〜まるちょばを知る以前に、おでん好きの私がネットでいろいろ調べていて、ココを見つけ、本を購入し存じておりました。
その新井さんに、図々しくも、今度東京に行くので、どこかオススメのインド料理屋さんを教えて頂きたいとお願いしてみました。そこで、何店かご紹介いただいたうちの1軒が、冒頭にご紹介しました「ケララバワン」でした。

8/23(日)は、たまたま5周年記念で、お客様に料理を無料でふるまわれるとのことで、常連でもないし、地方の人間が一見的に出かけてもいいのか…と迷いつつも、予約の電話を入れたら、「お一人だったら何とかします!」と快く受けて頂き、行ってみることに。

さて、出てきたお料理は、以下のようなものでした。
f0099247_18331596.jpg
これは、南インド料理の「ミールス」と呼ばれる定食だそうで、本場ではバナナの葉をお皿代わりに使うそうですが、今回は、緑の紙が置いてありました。
提供される内容は決まっているので、着席すると、すぐにお店の方が料理をサーブしてくださいました。
「初めてなので、教えて下さい」と、常連ではないことをカミングアウトし、説明して頂いたのですが、ちょっと思い出せないものも(泣)

左上の白いものは塩、その上はレモン風味のアチャールと呼ばれるピクルス、その横の茶色いものは、チャツネでしょうか(思い出せない…)、豆を煮たもの、タピオカ芋、鮮やかなピンクはビーツ、フライドポテトみたいに見えるのは、ドライパイナップルだとか。そんなに甘くはなかったです。白くて丸いものは、パパド と言われるもので、うす〜いクラッカーというかおせんべいというか、ぱりぱりの食感で、これがまた練り込まれているスパイスが効いていて美味しいんです。(お酒のつまみにも合いそう〜)

そして、インドの炊き込みご飯ビリヤニ。お米にスパイスやいろんな旨味がしみ込んでいるという意味では、パエリアにも通じるものがあります。そこに、豆やお芋などのカレーをかけていただき、あとはマンゴーラッシーが付いてきました。
見た目にとっても賑やかで楽しく、いろんな味、いろんな食材が使われていて、それぞれ味見で単品で食べたり、ビリヤニやパパドを砕いて混ぜて食べたり…
初めてのミールスに、私は、かなりの感銘を受けました。

日本料理も、懐石で、多彩多様な食材、味付け、盛りつけで楽しませますが、ミールスのように、それらを混ぜて、食感や味の変化を楽しみながら食べるといった習慣はありません。むしろ、料理人が完成度を高めて作ったそのままで味わえ、という凛とした空気があります。

この大らかで楽しいミールスに、すっかり魅せられました。

家庭の食卓にも応用させたいなと思うことがいろいろあり、これからの食生活が豊かになりそうな予感です。(体型はこれ以上豊かになりたくない夫婦なんですが…)
[PR]
by soho-japan | 2009-08-24 18:33 | 気になるモノ

チョ ウンマッ!

ビールのつまみにしようと、立ち寄ったコンビニで物色中、唐辛子のイラストが描かれたスナックを発見!辛い物好きの私は、中身もよくわからずに「今夜はコレだ!」と即買い。
家に帰って、早速このスナックを食べてみようと手にし、冷静にパッケージを見てみると、それは「チョ ウンマッ」という、韓国語をシャレにした、脱力系のネーミング。
f0099247_11142999.jpg
袋の中身は、巨大唐辛子そのものを揚げた?あるいはフリーズドライ?したような食感。ピーナッツ、ごまも入って、このサクサク感と辛ウマ感はクセになりそうです。残念ながら、スナックそのものを撮影していないのでお見せできないのですが、なんと! 公式サイトが存在しているので、こちらを参照して下さい。
チョ ウンマッ

けれども、私があえて、このスナックをネタにしようと思ったのは、パッケージの裏面があまりに面白かったからだ。
説明を読んで行くと、以下のようにあった。

新しくなったチョ ウンマッは、サクサク感がグーンとアップ♪ 
心地よい歯ごたえに思わず「超ョ〜ウンマシッソョ!!」
(マシッソヨは、韓国語で"美味しい")
もちろん、ビールやサワーなど、お酒との相性は
バツグンですミダ。

f0099247_1131318.jpg

「バツグンですミダぁ〜!?」

もう、全身グッタリ… 

これを正式なパッケージに起用した社長に、拍手! 
好きだなあ〜、こういうの(笑)
[PR]
by soho-japan | 2009-06-03 11:14 | 気になるモノ

シナモンの香り

いま、会社に「CELESTIAL」という名のteaがあります。
これが砂糖なんて入れなくても程よい甘さで美味しいのです。
f0099247_164015100.jpg

美味しいこのteaですが、毎日は飲めません。
なぜなら、このteaの味は“シナモンapple”だから…

そう、あれは高校2年生のときでした…
その日、私は人生で何度目かの失恋をしました。淡く儚い恋に敗れ、意気消沈する私を励ますように友人たちがお茶に誘ってくれました。
当時、高校生だった私たちにとっては背伸びするようなカフェに連れて行ってくれたのです。
そこで、私は“シナモンtea”を注文しました。
みたことのない、すまし顔のtea cupに入れられたその“シナモンtea”から香る心地いいシナモンの香りは傷ついた私の心をあたためてくれたのでした。

もちろん、シナモンなんてみたこともない私が“tea cup"に添えられたスティック状のシナモンをチョコレートと勘違いしてかじりついたのは言うまでもありません…。
f0099247_16493464.jpg

というわけで、シナモンの香りは、私の淡い思い出を呼び覚ましてくれるのです。
毎日毎日、淡い気持ちで過ごしていられるほど世間は私に甘くないので控えめに飲んでいるというわけでございます。
因みにこのtea。
成分表示をよくみると…
f0099247_16522690.gif

カロリー、糖分0(ゼロ)のお太っちょさんに優しい飲み物なのです。
皆さんも是非お試し下さい。
[PR]
by soho-japan | 2008-06-19 16:59 | 気になるモノ
ドキッとする、本日のタイトル。

 実はこれ、ソーホー・ジャパンの顧問、萩原高氏の奥様(著者名は小野瀬忍となっています)が執筆された、恋愛小説のタイトルなんです。     

f0099247_19233126.jpg どんな恋愛をするかなんて、人それぞれだと思いますが、この本に出てくる主人公・聡美は、大都会で、一人暮らしで生活するOLで、仕事もそこそこ優秀、自分の思いのままに生きている自由な女性のようでいて、「恋」と「愛」の重さの違いにこだわるあまり、恋人との距離が離れ、本当は好きなくせに素直になれないあまのじゃくな性質が、じれったくてじれったくてたまらない!

…というのが率直な感想です(笑)

 私は、映画でも舞台でも本でもなんでもそうですが、感情移入タイプなので、「発想が素晴らしい」「展開にワクワクした」などという、評論家のような感想は持てないのですが、

「もう、聡美と高岡(聡美の恋人)はどうなんのよぅ!」

とか

「何故そこで、ホントは行かないでと言えないんだ!」

とか

「あーっ!自分につれない相手に、そこまでしてくれる優しい男はおらんぞーっ!」

と、読みながらツッコミまくりです(笑)

 本の帯のうたい文句は「バリバリ三十路OLは、華の年代!」とありますが、三十路… 三十路… はあ〜、私は今年、三十路を卒業予定どす… 三十路がバリバリなら、四十路はいかに? 三十代より、四十代のほうが、グッとオバハンなカンジがしますが、私の回りの四十代は、オバハンという存在からは程遠い、素敵な方ばかりなので、黒木瞳目指して頑張ります。
 …四十代という事実に動揺し、到底及ばない目標を口走る、酔狂なオザキでした。

「恋なんて、ジグソーパズル」(著:小野瀬 忍)
[PR]
by soho-japan | 2008-02-14 18:40 | 気になるモノ

バースデイケーキ後日談

以前にアップしたケーキ屋さん
じつは地味に評判を呼んでおります。

うちのムトウくんも、友だちの誕生祝いに、
その人の似顔絵をあしらったケーキを贈ったそうですよ。

コレがそのブツだ!(写真提供:ムトウ)
f0099247_2051961.jpg





……微妙ですね。




なんでも、
その人の写真をもとに、まずはムトウが似顔絵を描いて、
その絵をケーキに描いてもらおうと思って持ってったらしいのですが、
結局、出来上がったケーキを取りに行ったら、
(念のために添えて出したモトの)
「写真の方から描いときましたんで」
とピシャリと言われたそうです!
つまりムトウの用意した似顔絵はボツ! 職人です! 厳しいです!


追伸)
ムトウからのタレコミによると、
「どうやらケーキの絵を担当してるのは
親方じゃなくて奥さんのほうみたいですゼ」とのこと!
伝説の絵師はおかみさんでした!!!!


本日の教訓。
やっぱりカミさんにはかなわない
(ちょっと違う)


(部長)
[PR]
by soho-japan | 2007-09-18 20:48 | 気になるモノ

カバグッズ

カバがいつからか、好きなので自分の好みに
合うようなグッズを収集しています。
正確な数字は把握していませんが、
現在、置物やら何やらのアイテムが20種類ぐらいに
なりました。

案外、カバのグッズって少なくて尚且つ、自分の
好みに合うようなものとなると限られてきます。

f0099247_20425915.jpg


そのなかでも結構、お気に入りなのがこのカバです。
これ、マグネットになっていて冷蔵庫なんかに付けて
おくと絵になります。

※この写真は冷蔵庫に付けてませんが…
[PR]
by soho-japan | 2007-09-13 20:45 | 気になるモノ
うちの近所に「スールミニヨン」ってケーキ屋さんがあります。

うちの子どもの誕生日にはいつもそこでケーキを買うんです。
なぜなら…↓
f0099247_2021974.jpg
じゃーん。
どう?ちょっとすてきでしょ。
これね、自分たちの好きな絵とかデザインをお店に持ってくと、
店の親方がこうしてそのまんまケーキに描いてくれるんですよ。
(店じゃ親方とは呼んでないと思うけど)

上のは8月14日で11歳になったおねえちゃんのケーキ。

そしてコレ!↓
f0099247_203359.jpg
ガウー!
うちの一番チビ(4歳のボウズ)んときのバースデイケーキ。
カッコエエ!
難点は、絵をつぶしたくないもんだから誰にも食べさせないこと(笑)。

ほんと何でも描けるんですよココの親方。そして何描いてもウマイ!
3~4年前かな、はじめてこの親方の職人技を見たとき、
感動のあまりオレ、「将来はケーキ屋になりてえ!」と思いましたよ。
(もう遅い)


(部長)
[PR]
by soho-japan | 2007-08-20 20:37 | 気になるモノ

真夜中の台所は・・・

f0099247_18512981.jpg
この季節奴らは活動的だ!活動的すぎる!!
夜遅くまで起きている私は、台所へ行くのだ!
・・・気配を隠そうとしている奴らを退治する為に!
電気の消えた暗い台所は、
この季節特有の湿気と温度でちょっと臭う。
電気のスイッチを入れ瞬時に明るくなる台所は、
一気に騒々しくなった。とっさに手にした殺虫剤を奴らに噴射!
容赦なく、噴射!!!!
ごめんなさい。ゴキブリちゃんたち・・・。
昨夜は2匹シトメマシタ。
(トコロ)
[PR]
by soho-japan | 2007-07-19 19:02 | 気になるモノ

こんなことあるのね!?

f0099247_14172330.jpg
時々購入するハーブウォーター。
さわやか〜な感じがして気に入ってるのよね〜。
いつものお店に行って、なんとなく手に取ってみる。
そうそう、これこれ。


f0099247_14215354.jpg
「ん?」
なんか、デザイン変わった?雰囲気違うような…。


f0099247_14195386.jpg
棚に並ぶ他の商品を凝視してみる・・・。
「!!」


f0099247_14385499.jpg
ななななんと、ラベルが上下逆さまになってるではないか!

こりゃ、商品棚でひときわ目立っているはずだ。
何か、愛着がわいてしまい、このボトルを買ってしまいました。
商品としては失格商品だけど、レアもの感覚ですよね!
(トコロ)
[PR]
by soho-japan | 2007-06-04 14:42 | 気になるモノ
f0099247_14384110.jpg

ちょっと時間が出来た時には、本屋さんへ行くのが習慣です。
子供の頃から本屋さんが大好きでよく通っていましたし、
本屋さんの店員をしていたこともありました。
そんな私が本屋さんで最近購入したのがコレ!
『おとなのおりがみ』です。立ち読みをして、即買いしました★
(まだ実際に折ってないのですが、近いうちにトライしてみようと思います!)

さて、この本を見て思い出したことがあります。
数年前に、アメリカのに住む叔母に会いに行った時のこと…。
私は叔母からドル紙幣を折って作った指輪をもらいました。
アメリカはチップを渡す習慣がありますよね。
叔母は職場でお客さんからのチップを、
ドル紙幣で折られた指輪で頂いたのだそうです。
なんて洒落てるのだろうと感激してしまいました。

f0099247_1429994.jpg

他にも面白い折り紙はないものだろうか探してみたら、
出てくる出てくる、いろんな折り紙の種類や折り方!!!
ちょっとヒネリのある折り方を知ってたら、
子供や婦女子からキャー!なんて言われるかもしれないですよ(!?)
※写真は、さっそく入手した折り紙と折ってみた作品です。
[PR]
by soho-japan | 2007-03-01 15:22 | 気になるモノ