ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:脱力系( 13 )

メガメロンパンを自宅に持って帰った武藤。バースデーケーキ代わりにロウソクを立てて祝ってくれたようです。しかしながら、本人が一緒に写っていない???

f0099247_19401045.jpg

…ということで、ローソクの立ったメガメロンパン&武藤の写真、それもただの写真では面白くないので、PhotoFuniaで加工してみました。

f0099247_19402340.jpg

…意外と普通…
[PR]
by soho-japan | 2011-11-25 19:40 | 脱力系

時間よ止まれ

どーもみなさん。
忘れたころにやって来る、部長の「だから何なんだ通信」です。

恒例の(?)誕生日シリーズ。今回はうちの奥さんのバースデイですよ。
f0099247_15194379.jpg
子どもたち、いっしょうけんめいママに手紙を書きました。

f0099247_15214616.jpg
f0099247_15273233.jpg



f0099247_15303531.jpg
f0099247_15334347.jpg
f0099247_1539310.jpg



…無邪気さは、時に残酷である。

(部長)
[PR]
by soho-japan | 2008-04-04 16:50 | 脱力系

梅まつりに行ったよ。

忘れたころにやってくる
部長の「どうでもいい通信」。
f0099247_17462691.jpg

梅まつりに行ってきましたよ。

日本人にとって「花見」と言えば桜と相場は決まっておりますが、
梅もイイもんです。かわいらしくって。

まつりと言うだけあって屋台もいろいろ出てましたよ。
そん中に、
おじいさんとおばあさんがふたりでやってる ねりあめ屋がありました。
店先にはイチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイ、そしてシロ(?)と
書かれた色とりどりのねりあめが並んでます。

店先でどれにしようかケナゲに悩んでたひとりのちびっこ、
おじいさんに「あの…シロって何味ですか?」
するとジイさん、
「味か?味はな、甘い!」

…固まるちびっこ。
見かねたおれ、「いや、もうちょっと具体的に知りたいんだと思うよコイツは」と
助け舟を出すと、今度はバアさん、
「シロはね、ほんのりした甘み」。

…さらに困惑するちびっこ。
そこでおれ、
「いやいや、イチゴとかメロンとかさー、そういう何味かってことだって!」
ジイさんひとこと、「みんな同じ味!」

…おれも固まる。
「…んじゃこのイチゴとか書いてあるのは何だよ」
「それは色!」
色かよ!
トドメにバアさん、「そういう意味で言うとシロは…梅」。
梅! 梅まつりだけに! 単なるその場しのぎじゃねえかそれ!

するとちびっこはポツリと、
「じゃあシロでいいです…」

…おのれの無力さを噛みしめる早春の空。


(部長)
[PR]
by soho-japan | 2008-03-11 19:44 | 脱力系

激写オフィスラブ

ブログって、気をぬくとすぐほったらかしになっちゃうんですよね。
あ、「ほったらかし」って方言?じゃないよね??

それはさておき、会社一同、更新強化モードに入っております。

ということはつまり、どうでもいいネタも増えてくるであろうということですな。
と、前置きしつつ…


うちのオザキが、会社行事やら何やらの写真を整理していたらしく、
「こんなん出てきました~」とメールをよこしてきました。
f0099247_19501457.jpg

ブチュゥ~!
なんか饅頭がつぶれたみたいになってますね、ムトウ。
しかも微妙にウレシそうなのが意味わかりません。

あ、どっか飲みに行ったときの写真ですよコレ。
社内で日常的にこういうことが行なわれているわけではありませんので。


部長
[PR]
by soho-japan | 2008-02-07 19:58 | 脱力系

涙のバースデイ

ひさしぶりの更新ですね。
いやもう「が~まるちょば」でテンテコマイですから、いま。
チケット残少ですよ奥さん!(って誰だ) お見逃しなく!

無事終了しました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

まあそういうワケで息抜きです。
またまた誕生日ネタ by 部長。

11月20日はウチんとこの娘の誕生日。7歳になりました。
(余談だが、弊社「が~まる」番長・オザキの誕生日でもある)

今宵はママの手づくりケーキでお祝いだぜ!
部屋の灯りを暗くして…お待ちかね、バースデイケーキの登場です!
f0099247_1871786.jpg

さあ、一気に消せるかなロウソク! せーのーで、フゥ~ッ!!

イエ~イ!ハッピーバースデ~!パチパチパチ!

f0099247_1832917.jpg
…ん???
f0099247_18463812.jpg

焼きイモじゃねえかコレ!


「たしかに おイモのケーキがイイって言ったけど、食べたかったのはこんなんじゃない!」
…涙ながらに訴える娘。


スイートポテトだそうです、娘が食べたかったのは…


そもそもこれ、ケーキではないです、ママ…。


部長
[PR]
by soho-japan | 2007-11-21 19:09 | 脱力系

GO!GO!世界陸上

盛り上がってます(か?)ね! 世界陸上!

そんな中、おれのハートを射止めたこの見出し!

f0099247_16364545.jpg


f0099247_1652434.jpgゲイさんです。→
「オーッス!」


しかし!
さらにおれのドギモを抜いたこの見出し!


f0099247_16565170.jpg

優勝!ビリなのに!
この見出し書いた記者、ぜったい「してやったり」と思ってるぜ!
クヤシィーッ!(何が)


(部長)
[PR]
by soho-japan | 2007-08-30 17:47 | 脱力系

自動販売機の悲劇

自動販売機にまつわる悲劇というものがある。
例えば、アタリくじ付きの自動販売機で、
もしかしたら当たったかもしれないと思いボタンを押す。
すると、ドリンクが出てくる。
「やったぁ!」と思い、勢いにのって更にボタンを押すと、
またドリンクが出てくる。
2回連続だとさすがに「おかしい…?  自動販売機が故障して
いるのでは?」と思えてきて人の目を気にしながらも、
もう一度だけボタンを押す。
するとア〜ラ、不思議。もう1本、ドリンクが!
そこで罪悪感にさいなまれ、ボタンを押すことをやめる。
すると、ジ〜〜カッシャンと軽やかな音とともに100円玉が
2枚落ちてくる。そこではじめて500円玉を投入したことに
気づく… 自動販売機の悲劇…。

これは、誰もが一度は味わったことのあるであろう悲劇。

他にも、投入しようとした100円玉が手からすべり落ちて、
自動販売機の下に入ってしまう悲劇や、
500円玉を入れて何を買おうかなぁと迷っていると、
その自動販売機にお好みのドリンクがないことに気づき、
返金レバーを回す。
すると、返金ボックス?のフタに可愛らしいゴキブリが
張りついていて500円玉を取るに取れず、なくなく
500円玉をあきらめる  etc…

そんな、自動販売機の悲劇…。

そして、今回私が味わったのは、こんな悲劇でした。

f0099247_9213019.jpg


それはある暑い夏の昼下がり。
あまりの暑さに炭酸飲料で喉元スッキリ!させたいと
自動販売機へ。 
100円玉を取り出して投入!
さ〜て、お目当ての炭酸飲料を!とボタンを
押そうとしたその瞬間! 
私の後ろを自転車がベルをならして通りすぎる。 
一瞬、ビクっ!とした小心者の私は、お目当ての
炭酸飲料の横のボタンを押してしまう。
よりによって、それは乳酸菌飲料のボタン。

好きですよ、乳酸菌飲料。

夏の暑さでまいっている腸にもいいかもしれません。
でも、この暑さでマイって炭酸飲料をもとめていた
私には少々、酷な仕打ちでした。

いくつになっても起こりうる自動販売機の悲劇…。
あぁ、恐ろしや。

(ムトウ)
[PR]
by soho-japan | 2007-08-11 09:24 | 脱力系

でぶ道

私がそのことに気づいたのは、
今から8年ほど前のはなし。
周りから何となくそんな眼差しでみられていたのは感じていました。

しかし、8年ほど前のある日のこと、横たわっていた自身の体を起こそうとした時です。

「んふ~!」という気の抜けるような鼻息音…。
私の体内から「でぶ道」を歩みはじめたことのあらわれである「でぶ音」がもれてきたのです。私の「でぶ道」はここから始まりました。

その昔、私は巷を賑わしていた「ピチT」なる体にフィットしたTシャツを、影ながら着こなしていましたが、今では所有するほとんどのTシャツがピチピチと活きの良さを際立たせています。

そんな私ですが、久しぶりに会う人(数日ぶり~数年ぶりまで)の誰もが姿をみると「あれ~太った?」と挨拶のように尋ねてきます。
そんな心ない人の問いかけに、心で泣いて顔で平静を装う私。

確かに日々、太り続けている事実を抱えた私には言い返す言葉もみつかりません。

そんな「でぶ道」を歩み続ける私に、最近、いかんともしがたい悲劇が降りかかりました。


それはある日、
通勤での電車内、空席に座ろうと腰をおろしたときです。「バツ~ン」と小さな破裂音のようなものが聞こえました。そうです。パンツのボタンがちぎれたのです。
周囲に分からないように平静を装いながら、床に落ちた可愛そうなボタンを拾い上げ、ズボンの右ポケットにそっとしまいこみました… 「ひDEBU!」


それはある日、
帰宅して我慢していたといたトイレにかけこもうとズボンをおろそうとした時です!
おりない悲劇のズボン。
「あれ?なんで?なんで?」と自問する私。
しかし、生理現象は待ったなしです!「あ~やばい!」「なんで?なんで?」あせる気持ちのなか、ふと私は気づきました。ズボンのフックがお腹の膨らみによって圧迫され、鉄製のフックが潰れていたのです(悲劇) それによってズボンのフックがはずれれなくなり、ズボンがおろせないという非常事態がうまれたのです。あせる気持ちを抑えるようにペンチで潰れたフックを開け、無事にズボンをおろし、最悪の事態は免れました… 「ひDEBU」


あぁ、険しい道のり「でぶ道」

私は、まだこの道を歩き始めたにすぎません。これからも更なる困難が待ち受けていることでしょう。しかし、一度歩き始めたこの道。立ち止まるわけにはいきません!

そんななか、道極めんと夜な夜なチョコレートとペプシを食す私なのでした。


追記:先日もしゃがんだ拍子にビリッとズボンのお尻部分が破れました… 
「ひDEBU」

繰り返されるこの悲劇はある意味、私の悲劇ではなくズボンの悲劇なのかもしれません。

f0099247_17293590.jpg

<語句注>
最近は「ズボン」といわず「パンツ」という言い方をするそうですが文章表記すると下着の「パンツ」との区別ができないために、やむなく「ズボン」という表記にいたしました。再び「ズボン」が「ズボン」と呼ばれる日が来ることを望んで止みません。

投稿者:ムトウ
[PR]
by soho-japan | 2007-03-09 17:06 | 脱力系

高圧的な車内アナウンス

横浜行ってきました。仕事です。
Y・O・K・O・H・A・M・A・男前。横文字で語りたくなる街です。

新横浜で新幹線を降りて、JRで桜木町に向かったんですけどね、
乗ったことない路線だから、知らない間に乗り過ごしちゃいけないと思って
「次の停車駅は…」っていう車内のアナウンスに気を付けてたワケですよ。
そしたら!
「次の停車駅は………聞くな!」

混雑した電車の中で私はひとり凍りつきましたよ。
都会で人心の荒廃が進んでいると聞いてはおりましたが、
公的な電車のアナウンスをしてここまでとは…。
ロンリーハートブレイク横浜。




(正解は「菊名」でした)

部長
[PR]
by soho-japan | 2006-09-18 17:12 | 脱力系
f0099247_20211276.jpg前から
きょうみシンシンだったんだけど…
外の世界って、
いったいどうなってんだろ…
f0099247_20252615.jpgホントはちょっとコワイんだけど…
いいよね、ちょっとだけなら
ダイジョウブだよね…
そーっと、そーっと…
f0099247_20253982.jpg…ん!?



f0099247_20443952.jpg
わー!!
赤いの
出たー!!!


f0099247_20451234.jpg
何か
黒いのも
出たー!!!


f0099247_21271111.jpg
「わりィ
子は
いねぇ
が~!」


な、なまはげ
出たーーー!!!






f0099247_21512936.jpg(ブルブルブルブル…)
やっぱりイヤだ外の世界なんてぜったいイヤだもう出るもんかゼッタイ出るもんか2度と出るもんか……





(部長)
[PR]
by soho-japan | 2006-08-18 19:48 | 脱力系