ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:アート( 15 )

フラッグアート展2008

今年で、全国公募展となって12回目のフラッグアート展です。

1996年に、岐阜の中心商店街に完成した、高さ6メートル、全長2kmのアーケード完成記念イベントの一環で始まった「フラッグアート」。岐阜市出身の世界的アーティスト・日比野克彦さんが審査委員長を務めています。

フラッグの布の大きさは、幅1.8メートル、長さ3メートルという巨大なサイズ。数字で聞いただけでは、なかなか想像し難いですが、布団のシーツが3枚分ほどの大きさ。一人暮らしの方のお宅では、とても広げられるものではありません。

そんなビッグな作品が68点も並ぶのです。すべて、違う作者が、それぞれの思いを作品に詰め込んで。

フラッグの制作期間は、7月末〜9月頭。この年の夏は、フラッグの制作だけで終わってしまった方も、たくさんいることでしょう。ここまで体力を使う作品作りもないのではないかと思われます。

10/4(土)、地元のお祭り、信長祭りの日に合わせて開催となる公開審査。全国から制作者が集まり、自分の作品の下で、審査員から直接講評を受けられる、アート展では非常にまれな、名物的審査方法です。

今年の最優秀・日比野克彦賞は、ニューヨークの専門学校に通っているという、三木よしこさん。昨年出品し、受賞は逃しました。その悔しさと、審査員から受けた講評をバネに1年頑張り、今年、見事最優秀賞の受賞となりました。

f0099247_10531891.jpg


壇上で涙する、受賞者の方々を拝見し、もらい泣きしたりして。商店街の皆さんにも今年も良かったですね、などと声をかけていただき、裏方は、ああ、今年も頑張った甲斐あったなあ…と、苦労がむくわれるのでした。

10月末日まで展示してあります。ぜひ、岐阜の街歩きを楽しんで下さい。

フラッグアート展2008 in GIFU
[PR]
by soho-japan | 2008-10-07 11:07 | アート

フラッグアート2007

今年もこの季節がやってきました、
「フラッグアート展」
f0099247_14422995.jpg

全国から寄せられた様々なフラッグが
岐阜の街を彩ります。
巨大なフラッグはみているだけで作者の
方々の想いが
伝わってきます。
この巨大さゆえの制作時の苦労や
大変さも皆さんそれぞれにお持ちだと思います。
暑さもやわらいで日中も随分過ごしやすくなってきました。
岐阜の街をぶらぶらと散歩がてら巡り歩きながら、
のんびりフラッグ観賞はいかがですか?

2007年フラッグアート展 展示期間
10月1日(月)〜10月31日(水)

※10月6日(土)には公開審査/講評会/授賞式も
開催されます。
どなたでもご自由に参加いただけます(入場無料)
また、10月6日は他にも岐阜の街で様々なイベントも
開催されていますので是非お越し下さい。

フラッグアート展詳細はこちら
[PR]
by soho-japan | 2007-10-02 14:42 | アート
数年前にフラッグアート展で知り合った長野訓子さんyncciさん。はや数年来のお付き合いをさせていただいており、京都に行くたびに、お世話になっております。人の繋がりとは摩訶不思議なモノです。お二人と仲良くさせていただくうちに、どんどんお友達が出来ていきました。ありがたく思っております。大好きなそんなお二人が参加しているグループ展のご紹介をさせていただきます。

f0099247_194282.jpg■「スロウ Tシャツ」展
会場は、京都・北白川にあるアウームという和食懐石料理屋さんです。2ヶ月間にわたっての長期イベントです。あらゆるジャンルで活躍中の15名のクリエイターによるオリジナルデザインTシャツの展示&販売グループ展!

f0099247_1944688.jpg
先日のオープニングパーティーにお邪魔させていただきました。
クールでかっこいい外観にドキドキしましたが、店内はとてもゆったりとしていて心地よく差し込む光と、美しいコケの小庭と紅葉(?)にうっとりでした。心地よく感じられるのも頷けるはず!HPを見ていたら、お店の説明にこんなことがかかれていました。

「ウーム」womb(wu:m)とは「子宮」。
店名に違うことなく、羊水に浸かり穏やかな優しさに包まれていた頃を無意識に思い出すような、「やさしく、ゆったりとした癒しの心地」の漂う空間。そんな場所でやさしい和食をじっくり味わいつつ、さまざまなアートや想いに触れてみてください。

お店の宇治田さんもとても素敵な方で、お料理もとても美味しくいただきました。京都に行く機会がありましたら是非是非!足を運んでみてください!
(トコロ)
[PR]
by soho-japan | 2007-06-18 19:14 | アート

展覧会のお知らせ

f0099247_145396.jpg

『ナカジマアズサ夏の帽子展』

京都で出逢った帽子作家さんの展覧会の情報です★
 →A-Na (アーナ)
約100点の帽子を展示・販売するという展覧会!
帽子大好きな人、個性的な帽子を探したい人には
是非おすすめ!!

「時代に流されない」というスタイルを選ぶ人達へ 
をコンセプトに可愛くてカッコいい帽子を制作し、
かぶり心地を追求して、被っていてストレスを感じない、
骨格に合わせた帽子作りを心がけているそうです。

ベレー帽を見せてもらったのですが、
シンプルでとてもかわいい♪
私もかぶってみたいと思いました。
普段は関西方面での活動をされているようですから、
この機会を逃すわけにはならないでしょう!
帽子マニア必見!


■ナカジマアズサ夏の帽子展■
会期:6月6日水曜日〜10日日曜
   13:00〜19:00(最終日12:00〜18:00)

場所:ギャラリー『TAiGA』
   名古屋市千種区東山通り 5-19カメダビル2階A号室
   TEL 052-781-7276     
   名古屋駅より地下鉄東山線15分、東山公園駅下車。
   2番出口より徒歩1分。
   ビルのスロ−プ上がり2階。

A-Na在廊日   6月6日、9日、10日
[PR]
by soho-japan | 2007-05-21 15:02 | アート
1996年、日本で初めて「フラッグアート」という名を冠したアート展が岐阜市の中心繁華街・神田町通りで開催されました。

翌97年、全国から作品を募集する「公募展」スタイルとなり、昨年ついに10周年(!)を迎えたのでした。

プランナー・古田菜穂子(別名・永遠の乙女)といっしょに企画を立ち上げ、悲喜こもごもありながら運営に携わってきた10年。

そしてこの春、素晴らしい朗報が舞い込んで来ました。

「岐阜フラッグアート展」は、財団法人地域活性化センターが主催する「第11回ふるさとイベント大賞」において、最高賞である「大賞」を受賞したのです!

「フラッグアートはもうウチら商店街だけのもんやナイ(ものじゃない)でね。これからは、『商店街』を活性化するための手段としてやナシに、『フラッグアート』自体をさらに活性化させて、世間をアッと言わさなアカン」。
…これは神田町通りのカメラ店主である実行委員長がフともらした言葉。

10年間、いろいろ、いろいろ、ありました。
反目しあうことも、怒声が飛び交うことも。やってられねえ!と思ったことも。

だけど、ご老体にムチ打って(こういうこと書くからまた怒られる)、一軒一軒の商店に協力を仰いでまわる姿、わたしは知っております。
展示作品がイタズラされてないか、毎晩パトロールにまわる姿も、わたしは知っております。
そしてわたしが知らない姿がまだまだたくさんあることも、わたしは知っております。

いつも夜遅くにフラッグを黙々と取り付けてくれるヒラシタさん、風で巻き上げられたフラッグを直しに、脚立を担いで飛んでってくれたマルハタさん、いつも講評会当日の会場運営を手際よくたすけてくれるトミタさん、ほかにもまだまだ、数えきれない人たちが、見えるところや見えないところでフラッグアートを支えてます。

もちろん日比野克彦さんはじめ審査員の皆さん、そしてそして出品者の皆さん!
ってなんかアカデミー賞の受賞スピーチみたいになってますが、とにかくみんな、ありがとう!

f0099247_20164297.jpg

(部長)
[PR]
by soho-japan | 2007-04-09 20:17 | アート

f0099247_1731595.jpg

12月22日は冬至ということで、
ゆず湯に入ったり、カボチャを食べたりされた方もいらっしゃるかと思います。私は、今年初めて開催された「こよみのよぶね」というイベントに行って来ました。今年の夏からこのイベントのために、日比野克彦さんはじめボランティアスタッフの皆さんや岐阜市民の方々、全国のアートファンの人々が集まってワークショップに参加し、作り上げたイベントです。
詳しくはこちら


f0099247_181461.jpg

それはそれは綺麗で、寒さも忘れるほどの美しさでした。冬至であったため、夜空には星がとても沢山見えましたし、金華山の頂上に岐阜城がライトアップされ青々と浮かび上がりとても幻想的でした。


f0099247_17455435.jpg

鵜飼ひろばでは、日比野さんの司会で出船式が行われ、甘酒と鮎雑炊が販売されていました。残念ながら、私はありつくことが出来ず「ム、無念…」という感じでした。とても大盛況で、お客さんは長蛇の列でしたよ。

f0099247_17484031.jpg

行灯の中でも目立っていたのが、この犬の行灯。なんとも言えない愛らしさ★(2006年干支「犬」の行灯)子どもたちはもちろん大人もキラキラの笑顔でした。特に、子どもが船に乗って動いている様子を見て「犬がお散歩してるよ〜」と叫んでいたのは印象的でした。また来年もこのようなイベントが岐阜で行われるといいなと思いました。

(ソーホージャパン/トコロ)
[PR]
by soho-japan | 2006-12-25 17:55 | アート

ライブはやっぱりいい!

9月です。
もう夏の暑い盛りは過ぎて、夏の終わりを楽しむ時期ですね。
2006年の夏は、ナマモノ(ライブ)に触れる事が多かったです。
出来るだけそうなるように、あちらこちらアンテナを張り巡らせておりました。
ライブからの刺激とは、なんであんなにも気持ちがいいものなのでしょう。

ライヴといっても色々種類があります。音楽や身体表現、詩を読むetc
最近とても良かったライブのひとつの事を書きます。


f0099247_18571617.jpg

京都 山口和也の描き会いっこ「音と落書き」その8 お相手:横川理彦

ソーホージャパンHP内「勝手に応援する人」で紹介している山口さん。彼がミュージシャン横川氏と1対1で向い合い、
即興でつくり上げるこのライブペインティング。とにかくスゴイのです!
f0099247_18585299.jpg


私はぜひ見て欲しいと思って京都にお住いのAricoさんをお誘いしました。
Aricoさんと京都の町中を歩くというのも、かなり贅沢で楽しい時間でした。
そうそう、Aricoさん絶賛の大衆食堂での食事も楽しかったです。
(ちなみに、はも天そば鉄火丼セット食べました)

f0099247_18592769.jpg


さて、本題のライブペインティング。
「山口和也」次の章へ突入という雰囲気を感じるものでした。
ミュージシャン横川氏の美しい音との駆け引きで生まれる線たち。
予想はしていたけれど、
やっぱり目を離す事が出来ないし音を追いかけずにはいられなかった。
ナマモノ!ライブの楽しさにすっかり、どっぷり浸り余韻を楽しみました。
Aricoさんにも楽しんでいただけたようで、その後は深夜まで音楽のお話をしました。
何て贅沢な一夜だったのかと、会場を出て明るくなった空を見上げました。
その場に居合わせた幸福感がライブの醍醐味でもあるのでしょうか。

トコロ
[PR]
by soho-japan | 2006-08-31 19:08 | アート
f0099247_15282815.jpg 去る8月12日(土)。岐阜市では、長良川河畔で恒例の「長良川薪能」と、今年第4回目となる「ぎふ・あかり灯ウォーク」が行われた。その「ぎふ・あかり灯ウォーク」は、古田菜穂子さんのプランで誕生したイベントで、岐阜の伝統工芸である和紙提灯を持って長良川河畔を歩き、岐阜の新しい風景を作ろうというもの。この日は、あいにく天気が不安定で、午後、雷を伴った激しい雨が降った。イベントの開催が危ぶまれたが、古田さんは、自分の関わったイベントは絶対天気にするという、もの凄い「晴れ女」。この日も、夕方には雨があがり、雨が降ったお陰で川風が涼しく、夕涼みの散歩には最高の気温となった。
 あかり灯ウォークの参加者で賑わう中、鵜飼乗船事務所の下では、いよいよ「こよみのよぶね」の準備が始まる。これは、8/1から、岐阜公園の「楽市楽座」というお土産さんがあったスペースで、ワークショップとして制作したものだ。8月の暦をかたどった、数字の「8」提灯。かなり巨大です。まず、竹ひご(竹ひご作りから手掛られた)と針金で「8」を作り、それに和紙を貼って張り子にする。
f0099247_1529516.jpg
f0099247_15291761.jpg

 色は、日比野さんらしいPOPな配色だ。それを屋形船に取り付ける。船の前と後ろに、大きな球状(もちろん、コレも手作り!)の提灯を付ける。そして、赤白の提灯を外し、みんなで風船に和紙を貼り付けて手作りした、POPな模様の提灯を取り付ける。(これは、手で持つ提灯とお揃いで、ワークショップの参加者は、あかり灯ウォークにこれを持って参加した)スタッフは、日比野さんデザインのユニフォームを着ており、コレがまた、カッコイイ!(着てみたい人は、ぜひ「こよみのよぶね」サポーターにお申し込みを!)
 いよいよ、点灯だ。ワクワクする。灯りをつけると、どんな風に、この夕闇に浮かび上がるのだろう? 点灯された瞬間、周りから一斉に拍手が。とてもキレイだ。和紙のやわらかな明かりを通して、竹ひごのラインが浮かび上がり、それがまた美しい。とてもPOPな配色の「8」が、灯りをつけたことで、神々しく誇らしげに見えた。ホテルの窓明かりをバックに、まるで映画のワンシーンのようだ。これが、長良川を流れていく様は、きっと岐阜の新しい風景になるだろう。
f0099247_1536741.jpg この日、ミュージシャンのAricoさんと一緒に参加したのだが、(Aricoさんは、和紙貼りのワークショップにも参加したということで、この日、長良川での試運転をどうしても見たかったとのこと)「あれだけたくさんの人の手が入っているのに、ちゃんと日比野さんの作品になってるんだよね。まさに、日比野DNAだね。スゴイね」…と。う〜ん、確かに!日比野さんっていろんな意味で、濃い!(笑)(←笑っていいのか?)
f0099247_15384155.jpg
 あかり灯ウォークに参加していた、市民の方々(おばちゃん)とお話したが、こよみのよぶねの「8」は、とてもキレイだと評判でしたよ。「なぜ8なの?」「それはですね…」「これ鵜飼の時はいつも流すの?」「今後の予定はですね…」と自分が企画したかのごとくしゃべる私。12月22日には20隻流す予定です。これからも、ワークショップは続く! ぜひ、あなたも「こよみのよぶね」作りの一人となってはいかがでしょう? 自分の手が入っていると思うと、見ている時の気持ちも、ひときわ感慨深いですよ。
 イベント終了後、私とAricoさんは、長良橋北の香楽「ベトコンラーメン」初挑戦!…辛くて、トロトロにんにくゴロゴロ。次の日、私のお腹もゴロゴロ(笑)
f0099247_1546669.jpg


→日比野克彦氏、2006年10月20日(金)より岐阜で初めての個展!
 HIBINO DNA AND… 公式サイト
 HIBINO DNA AND… 公式ブログ
[PR]
by soho-japan | 2006-08-14 15:13 | アート
 大地の芸術祭、まずその名前に惹かれた。3年に1度開催される越後妻有アートトリエンナーレは、今年で3回目を迎えた。
 震災と豪雪を乗り越えた、越後妻有(十日町市と津南町)に40以上の国と地域、約200組のアーティストが参加。330点を超える作品が美しい里山の大地に展示されている。
f0099247_1221617.jpg

 ビジネスパートナーの古田菜穂子が、口癖のように「アートを介して地域活性化を図りたい」という。フラッグアートでお世話になっている日比野克彦氏も、ここ越後妻有で03年に廃校を見事に再生して明後日新聞社と一昨日テレビ局をSTARTした。
f0099247_1231370.jpg

f0099247_1224957.jpg

 校庭には朝顔のドームが作られ、その頭上には朝顔の形をしたバルーンが夏の青空に浮かぶ。若草の匂いと豊かな土の薫り。ひぐらしの合唱の中、日比野さんの作品に校舎の中で遭遇する。お行儀のいい美術館で息を殺して鑑賞するのとは違い、のびのびと自分の身体と心を解放し、アートを五感で楽しむ。
f0099247_1232068.jpg

 真っ黒に日焼けした老人が優しく声をかけてくる。そして校舎の壁面いっぱいに張られた朝顔の縄を指差しながら、今年の朝顔の生育を話し始める。
「今年は朝顔のシャワーを作ったんだ。気軽に利用してください」と。
f0099247_122596.jpg

 古田が時々口にする「協働」という言葉。都市で暮らすアーティストと里山で暮らす人々。それぞれ違った日常を送る人たちが、歩み寄り、理解し合い、そして一緒に汗を流す。完成した作品には、参加した人の熱と想いが込められている。ああこれが、古田の言う「協働」なのだと実感した。

 岐阜では彼女がオーガナイザーで、HIBINO DNA ANDが始動した。長良川に「こよみのよぶね」をワークショップ形式で何艘も制作するという。岐阜でも協働がじわじわと広がっていくだろう。あなたも時間が許す限り、無理のない範囲で参加してみたらどうだろうか? 違った自分に出逢えるかもしれない。

★大地の芸術祭 総合ディレクター 北川フラム氏のブログ
[PR]
by soho-japan | 2006-08-07 11:07 | アート
f0099247_1461322.jpg

 先日、横浜の馬車道にあるBankART1929を訪ねた。
BankART(バンカート)とは、銀行だった、ふたつの建物を芸術文化に利用するという意味を込めた造語だとか。
10/20から岐阜で日比野克彦の個展が開かれる。それに連動して、ビジネスパートナーの古田菜穂子が提唱したHIBINO DNA ANDという周辺プロジェクトが、岐阜でにわかに活気づく。私は、古田が強く望む歴史建造物を活用した、アートと地域活性の創造に大変共感している。岐阜にも歴史的建造物が、眠ったままいくつかある。それを活用しようという彼女の試みは、大変興味深いものだからだ。そこで日比野さんから銀行の跡地を利用した横浜BankArtの存在を教えてもらい、今回の視察となった。f0099247_14505941.jpg銀行をギャラリーにする場合、変に作品展示のためにパネルや展示台を入れがちだが、Bank Artは高い天井をそのまま活かし、空間を見事に活用していた。この思い切って、何も入れないという姿勢が大切なのだと、強く感じた。8月31日(木)まで ホールではBankART1929 Bamboo Bank 緑陰銀行 松本秋則展が開催されている。松本秋則は竹の音を奏でる作家だ。彼の織りなす世界が、この空間で見事に再現されていて、しばし私は時間を忘れてしまった。あちらこちらから漏れ聞こえる笹が風にざわめく音。ここは本当に都市の一角なのかと、疑いたくなる、ゆるやかに流れる時間。必見の展覧会です。是非ご覧になって下さい。(大城)

f0099247_14514266.jpg
[PR]
by soho-japan | 2006-07-14 14:39 | アート