ソーホー・ジャパンのスタッフが、日々発見したり感じたりしたこと、出会った人々などをミニコラムにしてご紹介いたします。気をらくーにして、ご覧下さい★


by soho-japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

恋なんて、ジグソーパズル

ドキッとする、本日のタイトル。

 実はこれ、ソーホー・ジャパンの顧問、萩原高氏の奥様(著者名は小野瀬忍となっています)が執筆された、恋愛小説のタイトルなんです。     

f0099247_19233126.jpg どんな恋愛をするかなんて、人それぞれだと思いますが、この本に出てくる主人公・聡美は、大都会で、一人暮らしで生活するOLで、仕事もそこそこ優秀、自分の思いのままに生きている自由な女性のようでいて、「恋」と「愛」の重さの違いにこだわるあまり、恋人との距離が離れ、本当は好きなくせに素直になれないあまのじゃくな性質が、じれったくてじれったくてたまらない!

…というのが率直な感想です(笑)

 私は、映画でも舞台でも本でもなんでもそうですが、感情移入タイプなので、「発想が素晴らしい」「展開にワクワクした」などという、評論家のような感想は持てないのですが、

「もう、聡美と高岡(聡美の恋人)はどうなんのよぅ!」

とか

「何故そこで、ホントは行かないでと言えないんだ!」

とか

「あーっ!自分につれない相手に、そこまでしてくれる優しい男はおらんぞーっ!」

と、読みながらツッコミまくりです(笑)

 本の帯のうたい文句は「バリバリ三十路OLは、華の年代!」とありますが、三十路… 三十路… はあ〜、私は今年、三十路を卒業予定どす… 三十路がバリバリなら、四十路はいかに? 三十代より、四十代のほうが、グッとオバハンなカンジがしますが、私の回りの四十代は、オバハンという存在からは程遠い、素敵な方ばかりなので、黒木瞳目指して頑張ります。
 …四十代という事実に動揺し、到底及ばない目標を口走る、酔狂なオザキでした。

「恋なんて、ジグソーパズル」(著:小野瀬 忍)
[PR]
by soho-japan | 2008-02-14 18:40 | 気になるモノ